四半期データ

2021年度 第3四半期の概況

第1四半期連結会計期間より、連結子会社であった株式会社キユーソー流通システムの株式を一部売却し持分法適用関連会社へ移行しました。これにより、売上高1,050億89百万円、営業利益19億92百万円の減少影響が生じています。

当第3四半期連結累計期間における当社グループは、新型コロナウイルス感染症についてワクチン接種が開始されたものの、感染拡大に伴う経済活動の制限などにより依然として先行き不透明な状況が続いています。
売上高については、海外では新型コロナウイルス感染症の収束から外食需要の回復が見られ増収となりましたが、物流事業の持分法適用関連会社への移行の影響により減収となりました。利益については、販売費及び一般管理費の抑制に努めたことなどにより前年を上回りました。

業績ハイライト

業績(連結) 2020年度
(遡及後)
2021年度
売上高
(百万円)
第1四半期 98,009 94,088
第2四半期 193,219 198,879
第3四半期 292,701 303,851
営業利益
(百万円)
第1四半期 4,444 6,324
第2四半期 10,088 14,499
第3四半期 18,440 21,914
営業利益率(%) 第1四半期 4.5% 6.7%
第2四半期 5.2% 7.3%
第3四半期 6.3% 7.2%
経常利益
(百万円)
第1四半期 4,812 6,604
第2四半期 10,587 15,181
第3四半期 19,445 23,395
親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益
(百万円)
第1四半期 2,556 4,518
第2四半期 5,643 9,617
第3四半期 10,961 14,522
1株当たり四半期(当期)純利益
(円)
第1四半期 17.87 31.68
第2四半期 39.45 67.83
第3四半期 76.63 102.98

※2020年度実績(遡及後)は、物流事業を除いた遡及適用後の数値を記載しています。

セグメント別の概況

2021年度より、報告セグメントの区分を変更しています。

  • 国内の「調理・調味料」「サラダ・惣菜」「タマゴ」は「市販用」「業務用」へ再編
  • 「調理・調味料」に含まれていた海外部分を分離し、「海外」を新設
  • 「物流」は持分法適用関連会社へ移行
  • 2020年度は変更後のセグメント区分に組み替えた数値を使用しています。

その他の指標

(億円)

  2020年度
(遡及後)
2021年度
設備投資 第1四半期 60 32
第2四半期 113 63
第3四半期 150 88
減価償却費 第1四半期 37 37
第2四半期 76 75
第3四半期 116 114
販売促進費 第1四半期 10 7
第2四半期 19 14
第3四半期 28 22
広告宣伝費 第1四半期 27 28
第2四半期 47 53
第3四半期 67 72
物流費 第1四半期 68 66
第2四半期 134 137
第3四半期 202 208
労務費 第1四半期 77 73
第2四半期 154 151
第3四半期 232 231
研究開発費 第1四半期 9 9
第2四半期 18 19
第3四半期 27 28

※2020年度実績(遡及後)は、物流事業を除いた遡及適用後の数値を記載しています。

株価状況

日付 高値(円) 安値(円) 出来高(万株)
2021年3月 2,643 2,323 810
2021年4月 2,725 2,477 895
2021年5月 2,651 2,495 531
2021年6月 2,617 2,429 713
2021年7月 2,568 2,335 935
2021年8月 2,726 2,439 502
ページの先頭に移動する