トップメッセージ

キユーピーグループは、2019年に創業100周年を迎え、長期ビジョンとして「キユーピーグループ 2030ビジョン」を策定しました。長期ビジョンを掲げることでグループの想いをひとつにし、当社グループの強みであるマヨネーズやドレッシングをさらに磨き、社会的な課題に取り組み、世界の食と健康に貢献できるグループをめざしています。

新型コロナウイルス感染症の拡大や生活様式の変化など大きな環境変化の中、これまでの事業構造では持続的な成長を実現するのは困難であると判断し、前中期経営計画を1年前倒しで終了し、新たに2021年度から4年間を対象とする2021-2024年度中期経営計画を策定しました。
2021-2024年度中期経営計画ではお客様や市場の多様化に対応し、「持続的成長を実現する体質への転換」を
テーマに「利益体質の強化と新たな食生活創造」「社会・地球環境への取り組みを強化」「多様な人材が活躍できる仕組みづくり」の3つの経営方針を定めています。
海外を成長ドライバーとして、中国・東南アジアを中心に北米での展開の拡大を進めていきます。国内ではこれまでの事業担当制から市場担当制へ移行することで、商品視点から市場を軸としたお客様視点に転換することで、お客様の食生活におけるお悩みの解決や新たな食シーンの創造につながるような商品やサービスをスピーディに提案していきます。
また、持続的な成長を実現するために適正な投資の実行や株主還元を行い、健全な経営基盤を確立していきます。

新たな中期経営計画を推進していくことで、2030ビジョンのめざす姿で掲げている世界の食と健康に貢献するグループに向けて、持続的成長を実現する体質を創り上げてまいります。

キユーピー株式会社
代表取締役 社長執行役員

長南 収
ページの先頭に移動する