調達への取り組み

キユーピーグループは、原料に対しても品質第一主義を徹底しています。そのためにはサプライチェーン上における社会的配慮を行う持続可能な調達が必要と考え、基本方針を定めています。私たちは製造・販売プロセスのみでなく、商品を作るための原資材の調達プロセスにおいても社会的責任を果たしていきます。

持続可能な調達のための
基本方針

「良い商品は、良い原料からしか生まれない」という原料に対する強いこだわりを持っています。しかし今や品質だけではなく、環境や人権に与える影響にも配慮する必要があります。このことをお取引先と一緒に取り組むことが、良い原料を調達するための持続可能性を高めることと考えます。

持続可能なパーム油の調達

パーム油は熱帯地域で栽培されるアブラヤシから得られる植物油ですが、その農場を開発するための熱帯林の大規模な伐採や、農場労働者の人権などで課題があることが指摘されています。
こうした問題がある原料を使わないようにするために、また課題の解決に貢献するために、キユーピーグループは、2018年1月に策定した「キユーピーグループの持続可能な調達のための基本方針」に基づき、2018年7月、RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)に加盟し、今後、弊社グループの持続可能なパーム油の調達に取り組んでいきます。

取り組みについて

2019年にキユーピーグループで調達するパーム油についてRSPOの「ブックアンドクレーム方式」による認証クレジットの購入を開始しました。今後2021年までにキユーピーグループで調達するすべてのパーム油について認証クレジットの購入を完了させます。その後、認証油の調達へと順次取り組みを検討していきます。

ブックアンドクレーム方式

RSPOにより認証された生産者が生産した認証油に、認証クレジット(証券)を発行。
その認証クレジットを購入することで、認証パーム油の生産者を支援する仕組み。

持続可能な紙の調達

原料調達過程で新規の森林破壊に関与せず、原木生産地の法令および国際的な人権基準を守り、適切な手続きによって生産された事業者より紙・紙製品を調達することに取り組みます。
そのため、森林認証紙(FSC®認証等)を基本に、再生紙、また取引先によって新規の森林破壊や人権侵害への関与がない原材料から作られていることを確認した紙・紙製品の調達をめざします。

責任ある管理をされた森林と、限りある森林資源を将来にわたって使い続けられるよう適切に調達された林産物に対する国際森林認証制度。

取り組みについて

段ボール構造を工夫し強度を維持しながら薄くすることで紙使用量の削減を進めています。

ダンボールの構造の工夫

またベビーフードの『にこにこボックス』シリーズは、2019年3月よりFSC®認証紙の使用を開始しました。さらに箱の設計を変更し、トレーやパペットになる新たな機能を付けることで、食育の1つである楽しい食体験の提供と同時に紙の大切さをお伝えしています(FSC® N002978)。

トレー:片手で2カップを安定して持てる、パペット:パッケージの動物をパクパクさせ、赤ちゃんに噛むことを促すことが出来ます。

トレー:片手で2カップを安定して持てる、パペット:パッケージの動物をパクパクさせ、赤ちゃんに噛むことを促すことが出来ます。

アヲハタではカートンメーカーと協働し、55ジャムUD150シリーズ、カロリーハーフシリーズに「シェルフレディパッケージ」を採用しました(カートン削減量:約55トン/年、CO2削減量:約33トン/年)。店頭での開封や陳列作業の時間短縮と省力化に加え、カートンの形状を工夫することで材料の削減による環境負荷低減を実現しました。

パッケージの省資源の取り組み(2015年度)

鶏卵の調達に関する考え方

キユーピーグループでは、品質や環境に及ぼす影響や人権への配慮とともに、アニマルウェルフェアを持続可能な鶏卵の生産や調達における重要課題と認識しています。
日本国内で当社グループが使用する原料鶏卵は、農林水産省が普及に努める『アニマルウェルフェアの考え方に対応した採卵鶏の飼養管理指針』に即して飼養された鶏卵の調達を行っていきます。また、今後の日本における採卵鶏の飼養管理のあり方を関係者と議論していくとともに、ケージフリー鶏卵を活用した商品開発にも取り組んでいく考えです。これらの取り組みを関係する業界や行政と連携しながら進めていきます。

持続可能な野菜の調達

キユーピーグループでは、主に国産野菜を原料としてサラダ・惣菜を提供しています。そのため野菜の原料調達は事業継続において重要と認識しています。持続可能なキユーピーグループの野菜調達と調達先の持続的成長・発展をめざすために生産者の皆様とコミュニケーションを図りながら進めていきます。

取り組みについて

生産農家との協働

良質な野菜原料を安定して調達するためには、地域農業の振興が重要になります。一方で、天候不順、後継者不足、耕作放棄地の拡大など、社会的な問題が顕在化しています。キユーピーグループは、全国の生産農家と協働し、これらの問題の解決に貢献していきます。

農業を基盤とした地域振興

キユーピーは、2017年より茨城県つくば市にある有限会社ワールドファームと提携し、全国の耕作放棄地を畑に再生する取り組みを進めています。現在、契約産地から新鮮なキャベツが、グループ会社で製造するカット野菜などの原料の一部として供給されています。契約産地とは定期的に産地見学や工場見学を通して相互理解と情報をフィードバックしながら品質向上へ向けた取り組みを行っています。産地開発による安定的な原料調達だけでなく、農業の担い手となる若者が集まり、地域が一体となった農業振興への貢献につなげていきたいと考えています。
またキユーピーグループで排出される卵殻や商品である「葉活酢」を活用した生育促進と生理障害への効果改善について、大学や生産農家と共同研究を行っています。

耕作放棄地を再生し農業の担い手となる若者たち
(茨城県つくば市)

サラダクラブによる産地表彰式

サラダクラブで取り扱う野菜は、生産者との顔が見える関係を基本に、全国約400の契約産地との「契約取引」で調達しています。「契約取引」は、一定価格で安定した原料調達が行えるだけでなく、生産者にとっては、安定的な収入を基盤に戦略的投資が行えるというメリットがあります。
安全・安心な原料の調達の一環として、圃場に工場メンバーや原資材メンバーが定期的に訪問しています。また生産者には工場見学への参加、他には収穫応援や工場研修、バーベキューの開催など積極的に産地農家との交流を図っています。
毎年4月には、生産者の皆さまに感謝の想いを伝えることを目的に「Grower of Salad Club (グロワー・オブ・サラダクラブ)」として契約産地を表彰しています。主要原料を対象に品位の評価を行い、契約産地の中から「最優秀賞」「優秀賞」「特別賞」として表彰しています(各受賞産地はサラダクラブホームページの「プレスリリース」に掲載)。
一方で生産者をパートナーとして循環型農業の構築も行っています。パッケージサラダの製造過程で発生する野菜未利用部を工場内で飼料や肥料にし、肥料は農産地で使用してもらうなど、つながりを広げています。

産地表彰式「Grower of Salad club 2019」の様子

産地表彰式「Grower of Salad club 2019」の様子

アヲハタによる果実生産者との取り組み

キユーピーグループで使用する果実の原料産地は、時代とともに世界各地に広がっています。
「農産加工品の美昧しさは、その原料によって7割が決まる」という考え方に基づき、生産者との信頼関係を構築しつつ、栽培技術の研究を行い、高品質な原料の安定確保に努めています。

ページの先頭に移動する