その他の社会貢献活動

キユーピーグループは、地域密着型活動や芸術文化活動など、さまざまな支援活動を通じて社会に貢献し、あらゆる世代の健康で笑顔あふれる生活を応援していきます。

地域との連携

キユーピーグループは、さまざまな自治体と協働して地域社会の課題解決や地域の活性化に取り組んでいきます。

山形県との取り組み

キユーピーは、山形県と2019年2月、地域の活性化と市民の生活の質向上を目的とした地域創生の推進に関する包括連携協定を締結しました。キユーピーと山形県の双方が持つ資源を有効に活用して協働することにより、「やまがた創生」に資することを目的としています。

協定内容

  • 1.山形県産農産物の地産地消の推進と利用拡大に関する事項
  • 2.健康増進に関する事項
  • 3.食育の推進に関する事項
  • 4.子どもの貧困対策に関する事項
  • 5.災害対策に関する事項
  • 6.その他、「やまがた創生」の推進に関すること

取り組み内容

  • 県内小学校にてマヨネーズ教室の実施
  • 地域スーパー惣菜部と連動し、「減塩・ベジアップ」企画を実施
  • 県内子ども食堂にてドレッシングやスープの素を配布

渋谷区との取り組み

キユーピーは、渋谷区と2016年12月、地域社会の課題解決を目的とした包括連携協定である「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定(SSAP)」を締結しました。本協定を通じて、新たな取り組みを渋谷区と協働して推進し、社会・地域とのより良い共生を図ります。

協定内容

  • 1.食育や子どもの貧困課題の解決に関する支援
  • 2.超高齢社会における健康増進領域の支援
  • 3.環境領域の課題(食品ロス含む)に関する研究と解決策の提供
  • 4.文化・芸術振興における支援、企画立案、情報発信施策の企画開発
  • 5.ダイバーシティの実現に向けた研究や啓発活動への支援
  • 6.人材開発や研修プログラムにおける人的交流

取り組み内容

広島市との取り組み

キユーピーは、広島市と2018年3月、地域の活性化と市民の生活の質向上を目的とした地域創生の推進に関する包括連携協定を締結しました。キユーピーと広島市の双方が持つ資源を有効に活用した取り組みを推進していきます。

キユーピーと広島市は、本協定を通じて「広島近郊6大葉物野菜」などの地産地消の推進や1日あたりの野菜摂取量増加につながる取り組みなどを、連携して行います。
例えば、広島市の市内産農産物の消費拡大に向けたPR活動と連携し、量販店にて旬の野菜のおいしい食べ方のメニュー提案や試食の販売促進を推進しています。

協定内容

  • 1.地産地消の推進に関する事項
  • 2.野菜摂取向上に関する事項
  • 3.健康増進に関する事項
  • 4.食育の推進に関する事項
  • 5.災害対策に関する事項

広島県との取り組み

アヲハタ株式会社は、2013年より広島県と「包括的連携に関する協定」を締結しています。この協定を通じて、広島県産オリジナル商品(瀬戸内ブランド)の開発や観光振興、県民サービスの向上や地域経済活性化の推進、健康増進・食育に関すること、地域の安全・安心に関することなど、多岐にわたる取り組みを進めています。

協定内容

  • 1.瀬戸内ブランドの推進や県産品の販売促進に関すること
  • 2.県政情報の発信、観光振興に関すること
  • 3.教育・文化の振興に関すること
  • 4.健康増進・食育に関すること
  • 5.環境対策・リサイクルに関すること
  • 6.地域の安全・安心に関すること
  • 7.障がい者支援に関すること
  • 8.子育て支援に関すること
  • 9.その他、県民サービスの向上、地域社会の活性化に関すること

瀬戸内ブランドの登録商品

取り組み内容

  • 地域のボランティアが主体となり、小学校の子どもたちが始業前に集まり、朝ごはんを食べる広島県「朝ごはん推進モデル事業」に対し、商品を提供
  • 広島ならではの給食メニューのレシピを公募し、その中から選ばれたメニューを給食で提供する「ひろしま給食100万食プロジェクト」の広島県の取り組みに対し、メニュー審査や商品を提供

福島県における取り組み

キユーピーでは、「福島の食卓に笑顔を!」をテーマに掲げ、従来の「マヨネーズ教室」の枠を超え、福島県産野菜の地産地消サイクルの構築と、その先にある「新たな食シーンの創出」までを見据えた社会貢献プログラムを実施しています。

取り組み内容

  • JA全農福島が企画する「きゅうり栽培大作戦」に参画し、オンラインマヨネーズ教室を実施

愛知県との取り組み

あいち みんなのサラダ プロジェクト

愛知県は農業産出額では全国有数ですが、県民の野菜摂取不足が課題となっています。
そこで愛知県民の野菜摂取向上をめざし、地元行政や有識者と連携して「あいち みんなのサラダ」プロジェクトを立ち上げ、2018年8月に実行委員会を設置しました。
プロジェクトメンバーと一緒に、県民が好む「うま味」「食べごたえ」「意外性」を備えた「あいちサラダめし」を考案し、県内の飲食店へ提案しています。
2020年11月末時点で賛同店は110店舗を超え、提供店も100店に達しました。
また、2018年、2019年の野菜の日にはプロジェクトの認知、「あいちサラダめし」のさらなる普及・定着に向けたイベントを実施しました。2020年はテレビやラジオを使って継続した啓発を図っています。
今後は、外食だけでなく中食、内食へ展開を進め、野菜をおいしく楽しむ食生活を応援します。

地域貢献活動

キユーピーグループは、地域社会・国際社会の一員として、地域に根付いた持続可能な活動を推進しています。従業員が積極的に携わることで、継続して地域貢献活動を実施することをめざしています。

地域清掃活動

各事業所では、環境美化活動の一環として敷地周辺の自主的な清掃活動を実施しています。また、地域で行われている周辺の河川や商店街の定期的な清掃に参加しています。こうした取り組みは「キユーピーグループ オフィシャルブログ」でも紹介しています。

アヲハタ アダプト活動

アヲハタは広島県と包括連携協定を締結しており、連携して取り組む項目の一つに「環境対策・リサイクルに関すること」があります。その一つとして県道のアダプト活動への参画があり、2013年に広島県からアダプト活動認定団体として認定され、活動を続けています。
アヲハタ本社のあるJR忠海駅前の道路(県道東広島本郷忠海線)を年5~6回清掃活などを行っておりその道路には「アヲハタ株式会社」と記載のある看板が設置されています。
毎回ゴミの量はさほどありませんが、種類としては空き缶、ビニール袋、たばこの吸い殻などが見られます。また、ゴミを拾う以外にも歩道に生えている雑草なども取り除いています。
地域の方から挨拶やお礼を言われるなど、活動を通じて地域とのつながりを感じることができます。
従業員はもちろん地域の方々も気持ちよく過ごせるよう今後もアダプト活動を続けていきます。

アダプトとは英語で「〇〇を養子にする」の意味から、一定区画の公共の場所を養子にみたて、市民がわが子のように愛情をもって面倒(清掃や草刈りなど)をみていく活動。

海外グループ会社での地域貢献活動

キユーピータイランド(KEWPIE(THAILAND)CO., LTD.)では、「環境」「地域貢献」「子ども支援」の3つのテーマに沿った活動を、利益の2%を予算計上して実施しています。これは現地合弁先であるサハグループの企業方針にも沿ったものです。環境活動では、ソーラーシステムの運用、水のリサイクル、バイオマス燃料の使用推進により環境負荷低減を進めるとともに、水源保持の為の植林活動を継続的に行っています(2020年度300本※新型コロナウイルス感染症の影響のため)。地域貢献として、病院への医療機器提供やマスクや無塵衣等の新型コロナウイルス感染症対応支援や近隣への消毒用アルコール支援等を行っています。また、廃棄物残渣の堆肥活用と近隣住民への配布も継続して取り組んでいます。さらに就学支援として、従業員子女への就学支援、近隣小学校の図書室や遊具改装支援・飲み水等衛生設備の導入・メンテナンスを行っています。

病院への医療機器支援

近隣への消毒用アルコール提供の様子

図書室改装支援

改修した小学校遊具

文化貢献

歌やダンスなどの芸術文化活動を通じて、あらゆる世代の健康で笑顔あふれる生活を応援していきます。

おかあさんコーラス

キユーピーは、「全日本おかあさんコーラス大会(全日本合唱連盟・朝日新聞社主催)」と「全沖縄おかあさんコーラス大会(全沖縄おかあさんコーラス連盟・琉球新報社主催)」に協賛しています。
これらの大会は日頃、家事や仕事などで忙しいおかあさんに、コーラスの楽しさを存分に味わっていただく場です。
ご家族の笑顔と健康を支えているおかあさんたちを、私たちは応援しています。

全日本おかあさんコーラス大会

毎年全国各地で支部大会が行われ、およそ900団体、約2万人が参加する大規模な催しです。そのなかから選ばれた約60団体が、全国の主要都市で行われる全国大会に出場。日頃の練習の成果を発表しています。主婦コーラスの愛好家にとっては、欠かせない発表の場になっています。

全日本おかあさんコーラス大会のあゆみ

全日本おかあさんコーラス大会は、当時の石井歓全日本合唱連盟理事長の「おかあさん方に芸術を知っていただくことが、健康な家庭を作るために必要だ」という信念のもと、1978年に全日本合唱連盟と朝日新聞社の主催で「全日本ママさんコーラス大会」として始まりました。
第1回大会は全国で232団体・約1万人が参加し、全国大会は虎ノ門ホール(東京)で25団体が出場して盛大に開催されました。その後、参加団体は順調に増え、現在、毎年3月から7月に行なわれる各地の支部大会におよそ900団体、約2万人が参加する大規模な催しになっています。

回数 開催地 会場 あゆみ
第43回宮崎県メディキット県民文化センター新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため開催中止
第42回石川県金沢歌劇座
第41回愛媛県ひめぎんホール
第40回岡山県岡山シンフォニーホール
第39回青森県リンクステーションホール青森
第38回北海道札幌コンサートホールKitara
第37回新潟県りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館
第36回大阪府フェスティバルホール
第35回東京都文京シビックホール 大ホール35回記念大会として、全国大会を3日間開催。
第34回福岡県アクロス福岡
第33回長野県長野県県民文化会館 ホクト文化ホール
第32回愛媛県ひめぎんホール
第31回福島県郡山市民文化センター 大ホール
第30回鳥取県鳥取県立県民文化会館 梨花ホール
第29回北海道札幌コンサートホール Kitara
第28回長崎県長崎ブリックホール大ホール
第27回神奈川県よこすか芸術劇場
第26回滋賀県滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
第25回東京都東京文化会館 大ホール25回記念大会として、「ひびけ おかあさん in Tokyo !」 をサブタイトルに全国大会を3日間開催。
第24回富山県富山市芸術文化ホール オーバード・ホール
第23回香川県香川県県民ホール グランドホール
第22回岩手県岩手県民会館
第21回岡山県倉敷市民会館連盟創立50周年記念事業として、全国大会1日目の夜に「コーラスジャンボリー」を倉敷チボリ公園で開催。
第20回北海道札幌コンサートホール Kitara
第19回熊本県熊本県立劇場コンサートホール
第18回群馬県群馬音楽センター
第17回京都府京都会館 第1ホール
第16回石川県金沢市観光会館この年から全国大会を2日間開催。
第15回東京都東京芸術劇場 大ホール
第14回愛媛県愛媛県立県民文化会館 メインホール
第13回福島県郡山市民文化センター 大ホール
第12回広島県広島厚生年金会館ホール
第11回北海道北海道厚生年金会館ホール
第10回福岡県福岡サンパレス 大ホール少年少女合唱祭(第1回)を併催。もう一つのおかあさんコーラス大会と銘打った「おかあさんカンタート」を始める。
第9回神奈川県神奈川県県民ホール少年少女合唱団大集合を前日に併催。この年から開催地は全国持ち回りとなる。
第8回大阪府フェスティバルホール
第7回東京都ゆうぽうと簡易保険ホール
第6回愛知県名古屋市民会館 大ホール初めて東京・関西以外で全国大会を開催。
第5回兵庫県神戸文化ホール 大ホール
第4回東京都普門館
第3回京都府京都会館 第1ホール名称を「全日本おかあさんコーラス大会」と変更。
第2回東京都東京文化会館 大ホール
第1回東京都虎ノ門ホール「全日本ママさんコーラス」を開催し、継続行事として意義のある第一歩をしるした。

全沖縄おかあさんコーラス大会

全沖縄おかあさんコーラス大会は「楽しく歌う」を原点に1979年にスタートしました。最初は舞台に立って歌い終わると、そでから客席に行き、次の団体の歌を聴くというような発表会規模の小さな催しでした。回を重ねるごとに各市町村へと広がり、歌を愛する人が集まるすばらしい文化活動へと成長しました。今ではコーラスのレベルも上がり、沖縄の歌も多く歌われ、その普及にも貢献しています。

全沖縄おかあさんコーラス大会のあゆみ

「ママさんバレーがあるのに、ママさんコーラスもあってしかるべき」との発想から、全沖縄おかあさんコーラス連盟初代理事長の故仲里朝太郎氏、前相談役の鳩間用吉氏、前理事長の新島ユキさん、兵庫県在住の柴田民子さんを中心に1979年2月14日、5団体による「親睦演奏会」が那覇中央公民館で開かれ、これが今日の「全沖縄おかあさんコーラス大会」の基礎となりました。翌1980年3月1日、当時全日本合唱連盟理事長の石井歓氏を招いて「第1回那覇ママさんコーラスまつり」を琉球新報ホールで開催し、継続行事として意義ある第一歩をしるしました。その後、参加団体の範囲が「那覇」から「全県」へ広がり、今では加盟団体への還元事業として合唱講習会や指導者講習会を定期的に開き、組織の結束力の強化、演奏技術の向上にも努めています。

回数 会場 あゆみ
第41回琉球新報ホール新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため開催中止
第40回琉球新報ホール
第39回豊見城市立中央公民館
第38回豊見城市立中央公民館
第37回浦添市てだこホール
第36回浦添市てだこホール
第35回宮古島市マティダ市民劇場名称を「全沖縄おかあさんコーラス大会」と変更。
第34回那覇市民会館 大ホール
第33回浦添市てだこホール
第32回浦添市てだこホール
第31回那覇市民会館 大ホール
第30回浦添市てだこホール
第29回那覇市民会館 大ホール
第28回那覇市民会館 大ホール
第27回沖縄コンベンションセンター 劇場棟
第26回那覇市民会館 大ホール
第25回沖縄市民会館 大ホール
第24回名護市民会館 大ホール
第23回那覇市民会館 大ホール
第22回那覇市民会館 大ホール初めて沖縄本島以外で開催。
第21回沖縄コンベンションセンター 劇場棟
第20回那覇市民会館 大ホール
第19回那覇市民会館 大ホール
第18回那覇市民会館 大ホール
第17回沖縄コンベンションセンター 劇場棟
第16回沖縄コンベンションセンター 劇場棟
第15回沖縄コンベンションセンター 劇場棟連盟歌、連盟旗を作成。
第14回沖縄コンベンションセンター 劇場棟
第13回那覇市民会館 大ホール
第12回沖縄市民会館 大ホール
第11回那覇市民会館 大ホール
第10回那覇市民会館 大ホール10回参加した団体へ表彰を始める。
第9回那覇市民会館 大ホール
第8回那覇市民会館 大ホール
第7回那覇市民会館 大ホール
第6回那覇市民会館 大ホール名称を「全沖縄おかあさんコーラス発表会」と変更。
第5回労働福祉会館 大ホール
第4回労働福祉会館 大ホール
第3回労働福祉会館 大ホール名称を「那覇おかあさんコーラス発表会」と変更。
第2回琉球新報ホール
第1回琉球新報ホール「第1回那覇ママさんコーラスまつり」を開催し、継続行事として意義のある一歩をしるした。

全日本小中学生ダンスコンクール

キユーピーは、「全日本小中学生ダンスコンクール(朝日新聞社主催)」に協賛しています。
ダンスは、小中学校の学校教育やクラブ活動に採り入れられるようになりました。基礎体力の向上はもちろん、リズム感や自己表現、創造力、さらにはコミュニケーション力を養うことで教育の面でもとても期待されています。キユーピーは、元気の源となる食を通じて、ダンスを頑張る子どもたちの健やかな成長を応援しています。

全日本小中学生ダンスコンクールとは?

「小中学生が学校の授業やクラブ活動などで仲間と練習したリズムダンスのパフォーマンスを演じるハレの舞台をつくりたい」。そして、「ダンスを通じて健やかな体と豊かな表現力、仲間とともにがんばる心を育みたい」という願いのもとで2013年夏に創設された大会です。

教育支援活動

アヲハタでは、教育支援活動の一環として、高等学校、大学などで講義や講演、ジャム製造実習などを実施しているほか、インターンシップ(職場体験学習)の学生・生徒を受け入れ、働くことの大切さ・厳しさなどへの理解を深めていただいています。また、アヲハタからの寄付金をもとに本社のある広島県竹原市では「アヲハタ奨学金基金」が2001年に設立されています。給付型の奨学金制度で、2002年より毎年新たに2名の大学生に奨学金を給付しています。
キユーピーとキユーピータマゴでは、2017年から一般の消費者様向けにスーパーやスポーツジムなどで卵の栄養・健康機能の認知啓発活動「たまご勉強会」を行っています。また、卵に対する認識や食べ方、トレンドを分析した調査報告「たまご白書」を発行し、卵に関する正しい知識の啓発・卵料理の楽しみ方の提案につなげています。

マッチングギフト制度(QPeace)

キユーピーグループは、従業員が社会課題の解決に取り組む団体に寄付を行うことを支援する活動として、マッチングギフト制度「QPeace(キユーピース)」を2008年度より導入しています。寄付先の団体は、従業員の推薦を受け、有志による選定委員会で決定しています。2020年度は、グループ26社より609名の従業員が参加し、「子ども」「環境」「食」を活動のテーマとする12の社会・環境団体へ寄付を行いました。従業員が社会課題への関心を高めるきっかけとしています。

QPeaceの流れ

  • 1.従業員が支援したい団体を推薦。従業員からなるプロジェクトメンバーと事務局で、推薦された団体を審査し、決定
  • 2.寄付を希望する従業員は毎月100円を1口として給与天引きし、QPeaceに積立
  • 3.会社は従業員の積立金と同額を支援
  • 4.各社会・環境活動団体へ寄付
ページの先頭に移動する